中学生でもできるダイエット法

ダイエットにとり組む中学生が少なくないようですが、未だ成長期の最中にある時はダイエットは悪影響です。

体に悪いほど体重がある時だけは、運動や食事の改善をしてください。

細胞の働きが最も活動的な中学生の頃に、誤ったダイエット方法や極端な食事制限は良いものではありません。

大人になった時に体力や運動能力に不便が生じないためにも、体に必要な栄養成分はきちんと補っていくべきでしょう。

ダイエット中でも、昼は給食を食べているなら完食することをおすすめします。

給食は栄養面が行き届いていることが多いので、健康のためには重要です。

中学生ができるダイエット方法と言えば、3度の食事を制限するのではなく、間食を控えることです。

ジュースをお茶に替えたり、甘いものや脂っこいお菓子を食べないようにする程度でも、ダイエット効果が期待できます。

間食を減らした上で、毎日体を動かす習慣をつけるだけでも効果が高いと言われています。

一向に体重が変わらない場合は、夕方の米の摂取量を減らします。

短期間で痩せたいという場合でも朝と昼はきちんと食べます。

夕食は低カロリーで栄養豊富な和食の回数を増やし、ご飯以外のおかずの量は減らさずに偏り無く栄養を摂取していきます。

人間の体は脂肪より筋肉の方が重く、中学生は筋肉の比率が高い傾向があるので、体重は多くなりがちです。

体重の増減より体脂肪率の方が中学生の体作りでは大事なので、ダイエットの時は体重に過敏になりすぎないようにしてください。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ