肌のたるみの原因




お肌のたるみはどうして発生するのでしょうか。

年を取ると、どんなに弾力があった肌もたるみが目立つようになります。

実年齢以上に老いて見える原因が、肌のたるみにある場合もあります。

なぜ、人間の肌はたるみが出たり、しわが増えるのでしょう。

加齢と共にまぶたがたるみ、目の印象が変わります。

目の印象が変わると、顔全体が年を取って見えます。

まぶたのたるみは、脂肪が少なくなったたためという場合もあります。

また、筋膜という下まぶたを支えていた筋肉が弱体化することもあります。

頬を支えていた筋肉が年をとって細くなったり、口の周りにあった脂肪がなくなっために皮膚が垂れさがることで、ほうれいせんにたるみができます。

顔の筋肉が弱くなり、脂肪を支えきれなくなると、顎全体のシャープさが失われます。

首は、加齢による皮膚のたるみが顕著に出る部分です。

首のケアをしているかどうかで、明暗が分かれるといいます。

たるみが目立つのは、首周りの筋肉や皮膚は使うことが多いためです。

肌が下に垂れさがらないように支えていた筋肉や脂肪が年をとって少なくなると、たるみが目立つようになります。

肌にたるみが出来る原因に、コラーゲンやエラスチンが皮膚から失われていくこともあります。

エラスチンやコラーゲンの作用で肌はみずみずしく張りのある状態が維持されていますが、年を取ってこれらの成分が減少するとたるみが目立ち始めるようになります。

加齢と共に皮膚のヒアルロン酸や皮下脂肪は少なくなりますし、皮膚全体のボリュームがなくなって厚みがなくなり、たるみやすくなります。

肌の弾力や保湿性など本来の機能が低下するために、肌のたるみが目立つようになってしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク