背中ダイエットの基本

ダイエットのきっかけが、背中に蓄積していた脂肪だという人は大勢いるようです。

体の中でも、背中のぜい肉は減らすことが一番大変な場所だとされています。

背中に肉がつきたるみが目立つようになる理由の1つに、姿勢が真っすぐ伸びていないことがあります。

背筋が伸びていないと、背中の筋肉が弱くなりやすく、脂肪が蓄積しやすくなります。

運動量の少ない仕事わしている人は気をつけましょう。

背筋を曲げないようにすることが、背中の筋肉を維持し、ダイエット効果につながります。

背中に脂肪がつく理由の1つに、体を動かさない生活をしていることがあります。

運動をしないでいると猫背にもなりやすいといいます。

きれいな姿勢を意識すること、運動をしっかりすることが背中ダイエットでは必要です。

背中のダイエットにいいストレッチをするという方法もあります。

うつぶせに横になって、手をTの字に広げます。

その姿勢の背を反らし、静かに息を吐いていきます。背筋を伸ばしたまま反らし続けます。

5秒たったら元に戻します。ゆっくりと力を抜いていき、うつぶせになります。

1日に3度~5度を目安に背中ストレッチをすると効果的です。

ストレッチを継続し、猫背を解消することによって、背中のダイエットを達成することが可能です。

タオルを使って背中ダイエット

背中の余分な脂肪を燃焼させ、引き締まった背中になるために、背中ダイエットが注目されています。

本来、引き締まった背中にはS字のくびれができるものですが、中年になるにつれ、段々と背中はたるんでくるものです。

どんなダイエット方法で、背中を痩せさせることが可能でしょう。

肩甲骨のストレッチは、タオル一本でできる手軽なダイエット方法です。

これで肩甲骨の脂肪を減らすことができます。

猫背気味の背中がまっすぐに伸び、代謝がよくなって背中がすっきりするため、きれいな背中になることが可能です。

まず、両手で手折るの両端を持ち、息を吸って腕を上げます。

イスにこし掛けた状態でもできるストレッチです。

息を吐きつつ、タオルが肩の高さにくるまで肘を曲げます。

10回くらい上げ下げすることで効率的な運動ができます。

冷え症体質の人にも、肩甲骨ストレッチはおすすめです。

ダイエットを成功させるためにも、冷え症改善は有効です。

まず3週間程度の肩甲骨ストレッチをしてみることで、背中のダイエットがうまくいくでしょう。

起床時に5分時間がとれれば、十分なダイエットができます。

背中のストレッチを毎朝5分ずつ継続することによって、S字のくびれがはっきりとわかるきれいな背中になることが可能です。

お風呂で背中ダイエット

ぜい肉が背中についているのが気がかりなので、ダイエットをしたいという人は大勢います。

普段は意識することがない部分なので、何気なく鏡に映してみたら以外と背中がむっちりしていて衝撃を受けたという人もいます。

ダイエットを成功させ、体脂肪を減らすことで、背中のたるみをスッキリさせることが可能です。

毎晩のバスタイムに、背中を引き締める運動をしてはどうでしょう。

背中のダイエットのためにストレッチを行う場合、バスタイム後が向いています。

背中に蓄積されていた筋肉は刺激を受けてエネルギーを消費するようになり、たるみを減らします。

腕を後ろに回して、肩甲骨まわりを動かすことが、背中のダイエットストレッチに適した方法だといいます。

たるみのない締まった背中になるには、背中の僧帽筋をエクササイズなどで盛んに刺激し、背中の筋肉を使う運動をして脂肪を減らすことです。

右手は下から、左手は上から背後に手を回し、背中の真ん中で手をつなぐ姿勢になります。

背中に腕を回しても、右手と左手を近づけることができない人もいますが、体が柔軟になっている入浴どきなどに試してみてください。

直接右手と左手がつなげなければ、タオルをはさむ方法もあります。

姿勢矯正も、背中ダイエットに効果的です。猫背気味な人でも、ストレッチは改善効果があります。風呂でのストレッチで背中ダイエット効果を高めていきましょう。

ページの先頭へ