肩甲骨ダイエットの効果

手軽に肩甲骨ダイエットができることが、多くの人の関心を呼んでいます。

効率的に肩甲骨ダイエットをするには、どんな点に注意をすればいいのでしょう。

体を動かすことが好きではない人でも、肩甲骨ダイエットならば無理なく続けることができます。

むくみや冷えが気になる人、プロポーションを引き締めたい人には肩甲骨ダイエットがおすすめです。

便秘や生理痛の辛さが和らいだり、腰痛や肩こりが解消されるなどの効果も肩甲骨ダイエットで得られます。

肩甲骨ダイエットの効果をより高めるには、上質な睡眠を取ることだといいます。

ダイエットでは、睡眠は意外と大事です。

日中、十分に体を動かし、体を疲れさせた上でよい睡眠を取ることで、体脂肪を使った疲労回復が実現するためです。

ダイエットを成功させるためには、毎晩ぐっすり眠ることが重要になります。

ストレッチをするタイミングは、空腹時がおすすめです。

胃にものが入っていない時に肩甲骨ストレッチをすることでダイエット効果が出やすくなるといいます

空腹の時は激しい運動をしてはいけないと言われていますが、肩甲骨のストレッチなら5分ほどでできる軽い運動なので、心配ありません。

時間的な制約がある人でも、1日に少しの時間でできる肩甲骨ダイエットであれば、無理なく続けることができます。

この方法で、ウエストサイズが3ヶ月で8㎝細くなったという人もいます。

肩甲骨ダイエットを実践することで、気軽に体内の脂肪を燃焼させていきましょう。

肩甲骨ダイエットの基本ストレッチ

肩甲骨のストレッチによって脂肪の燃焼を促進することができるといいますが、ダイエット効果があるのはどんなストレッチでしょう。

上下に肩甲骨を動かすというストレッチでは、肩幅を目安に足を広げてしっかり立ちます。

両手のてのひらを頭の上で上げます。この間息は吸います。

次いで、手のひらを外側にしてひじを引き、肩甲骨が中央に行くようにしながら、そっと腕をおろしていってください。

腕をおろしている時は肩甲骨が中央に寄り続けているように意識しつつ、胸の高さまで腕をおろします。

肩甲骨を中央に寄せるようにしながら腕を動かすことがポイントです。

肩の周りが軽くなるのではないでしょうか。

肩甲骨を上下左右に動かすストレッチも有効です。

肩幅より少し広いくらいに足を広げて立ち、つま先を外側に向けて体の余分な力を抜きます。

腕を前方に伸ばして×字にクロスします。

この時、親指は後ろに向けます。腕の状態を崩さずに、頭の上にまで引き上げていきます。

円を描くように意識しつつ腕を上げます。

体の側面に並行に、交差していた腕を開きます。

肩甲骨がどちらも真ん中側に寄っていることがストレッチのポイントです。

肩くらいまで腕を下げたら、再び腕をクロスする状態になります。

普段は使わない奧の部分の筋肉まで、このストレッチで刺激できます。

毎朝の起床時と、毎晩の就寝時に5分ずつ肩甲骨ストレッチをすることで、ダイエットが達成できるでしょう。

肩甲骨ダイエットとは

この頃人気を集めているダイエットに、肩甲骨ダイエットがあります。

肩甲骨ダイエットでは、ストレッチによって肩甲骨を動かし、痩せる効果を得るというものです。

肩甲骨のエクササイズがダイエットにいいのは、褐色脂肪細胞という脂肪を燃焼させる細胞があるためです。

1日2回、それぞれ5分ずつのストレッチ運動を朝晩2回できれば、体重は少しずつ減っていきます。

褐色細胞という細胞が肩甲骨にはありますが、この細胞は脂肪の燃焼を司ります。

褐色脂肪細胞は体にはさほど多くありませんが、多く食べすぎた時のカロリー消費に役立ちます。

肩甲骨を積極的に動かすことによって、褐色脂肪細胞の働きが活発になり、脂肪が燃焼しやすくなります。

肩甲骨の運動はリンパの循環を改善する効果もあるため、セルライト対策やむくも解消にも役立つといいます。

1日のどの時間でもいいので、肩甲骨の運動を5分することで、一層ダイエット効果を得ることができます。

起きてからと、寝る前と、2回のストレッチ運動の時間をつくるといいでしょう。

1度の運動は30秒ほどでできます。

運動中に息を止めたりしないように、吸うポイントと吐くポイントを守って体を動かすことが重要です。

鏡に自分の姿を映しながらストレッチをすることで、姿勢のチェックができます。

肩甲骨のストレッチは難しいことはなく、簡単にできますので、ダイエットに効果的です。

ページの先頭へ