水泳ダイエットの方法



効率的に水泳ダイエットをしたいという時には、どんなやり方がいいでしょう。

さほど運動ができるわけではないという人でも、水泳ダイエットなら気軽にできます。

より効果を高めるには、水泳の方法を知る必要があります。

しっかり準備運動をしてから水泳をすることがポイントになります。

急に激しい運動をすると、体を傷めてしまうことがあります。

十分に運動をして、運動効果の向上し、ダイエット向きのコンディションにします。

少しずつステップアップしながら、効率的な水泳の方法について知っていくとやりやすくなることでしょう。

最初は初任者向けの泳ぎ方で、少しずつテクニックを覚えていきます。

開始当初はやる気が高まる余り、休憩を入れずにノンストップで頑張りがちですが、やり過ぎは体の負担を増します。

ダイエットを達成するには、長続きさせることが一番大事です。

水泳ダイエットは、友達と楽しみながら継続できます。

フォームをしっかりすることも、水泳ダイエットでは大事です。

よいフォームで泳げば、それだけ筋肉をきちんと使いこなすことができるといいます。

具体的な目標を掲げて、その中で方法を検討することもよいことです。

泳ぐ時間や距離、体重を何㎏減らしたいのかなどをよく考えてください。

屋外プールと屋内プールがあるところなら、たまには普段行かないようなプールに足を運んでみましょう。

泳ぎ終わったら、体を整えるために軽い運動をしましょう。

運動時の故障を防ぐためには、水泳の前後で軽く体を動かすことが大事です。

水泳ダイエットを行う際には、自分なりのペースで、焦らず長く続けることが大事です。



水泳ダイエットのポイント



水泳によるダイエットは、ダイエット効果だけでなく健康増進にもいいといいますが

長続きのコツは何でしょう。

ダイエットを達成するためには、やめずに続けることが大事です。

まず第一に心がけたいことは、水泳ダイエットを熱を入れてやりすぎないようにするということです。

脂肪を減らし、体を引き締めたいと思って始めた水泳をやり過ぎてしまって、筋肉がしっかりついてしまう人もいるようです。

負担がかかりすぎないように、適度な運動量で水泳を続けられるようにすることです。

ダイエットで水泳をといっても、泳ぎが得意でない人もいます。

水泳が不得意でも、水中でウォーキングすることでダイエットをすることはできますので、できることをやっていきましょう。

水中でのウォーキングは、水の抵抗があるぶん運動ができます。

水着になって運動をすることも、水泳ダイエットのポイントです。

水着姿になれば、ボディラインをどうしても目の当たりにすることになります。

ダイエットをしたいと思うようになるのではないでしょうか。

水泳ダイエットのいいところとして、時間をかけて運動をしても汗で体がぺたぺたになる心配がないという点があります。

水泳ダイエットは誰でも気軽に実践できますので、ぜひ実行に移してみてはどうでしょう。



水泳のダイエット効果



水泳のダイエット効果が注文されていますが、水泳はダイエットにどのくらい作用するものなのでしょう。

カロリー消費量が高いために、水泳はダイエットに良いといいます。

運動のため1時間歩き続けることを考えると、体重55㎏の場合は120キロカロリーを使います。

水泳を1時間すると、平泳ぎならば600キロカロリーです。も

しもクロールをするなら、水泳によって消費するカロリーは1000kcalです。

プールの水圧も、運動効果を促進します。体にかかる水圧は、1.3トンにもなるようです。

全身に水圧による刺激がかかるため、血の巡りもよくなり、新陳代謝も促進されます。

背筋や腹筋を使う運動もできるといいます。水の抵抗にさからって運動をしなければならないため、水の中では地上の10倍の労力を費やして運動をすることになります。

水の抵抗は想像以上に強いので、水中でウォーキングをするだけでもカロリーを消費しダイエットに良いとされています。

意識して使うことが難しいインナーマッスルを刺激することもできるとされています。

膝関節や腰などを痛めている人や、体重がそこそこある人は、関節に負荷のかかる陸上での運動が難しい場合があります。

水中には浮力があり、実際の体重ほど関節に負担がかかりません。

体重がある人や関節を痛めている人でも安心して運動できます。

下半身の筋肉を増やしたくない人は、下半身で体重を支えずともいい水中運動がぴったりです。

また、プールの温度は通年通して体温より低めです。

水中にいても体温が下がらないように、人間の体は代謝を活発にしてエネルギーを作りますので、ダイエットに効果的です。

気軽にダイエットをしたいのであれば、水泳の習慣をつけるといいでしょう。



ページの先頭へ