手術で行うリフトアップ

リフトアップには、家庭で行う方法だけでなく、美容整形で顔の形状自体を変えてしまうというものもあります。

顔のリフトアップとは、どういった手術内容によってするものなのでしょうか。

額の際から耳の辺りの皮膚を切り、皮膚を引き上げることによってしわやたるみをなくすのがリフトアップ手術です。

家庭で行うリフトアップケアではできないようなしわやたるみの解消が、リフトアップ整形で実現することが可能です。

手術によって傷跡は残りますがしわにそって切るので違和感はなく、髪でカムフラージュできます。

ただし、顔のリフトアップをすると施術後に内出血や腫れが生じることがてります。

2週間ほど、腫れがひくまで時間がかかった人もいます。

アルコール摂取や、激しい運動は避けた方がいいでしょう。

いくらリフトアップといっても、30歳以上若く見えるようになるような都合のいいものではありません。

あくまで10歳から15歳程度の若返りです。

劇的に若くなれると期待しすぎていると、効果が乏しく感じることがありますので、気をつけていきましょう。

費用がかかることがありますので、家計との折り合いをきちんとつけましょう。

200万円ほどの施術費用がかかるというところもあります。

手術費用は施設によって全く異なります。

アフターケアの範囲もかなり違うため、カウンセリングを受ける時に聞いておくことが大事です。

リフトアップ手術は、注意点や弱点も結構ありますので、事前に担当医と相談して納得のいく形で行いましょう。

リフトアップと顔のたるみの原因

リフトアップのマッサージで顔のたるみを改善するという方法が注目されていますが、顔はどうしてたるみが出るのでしょう。

人間の表情は、表情筋の動きによってつくられています。

表情筋は40種あり、たるみに関わっています。

顔のたるみは、表情筋をずっと使わずにいると目立つようになります。

年を取ると顔のたるみが一層目立つようになりますが、人間は年を取ると体内のエラスチンやコラーゲンなど、肌を支える物質を失います。

顔の皮膚を支えていた表情筋が弱くなるとたるみが目立つため、リフトアップをすることが大事です。

リフトアップによる顔たるみの解消方法は様々なものがあります。

表情筋は、普段どおりの生活を送っている限りは、30%ほどしか動かしていません。

表情筋が使われない状態が続くと顔のたるみが増しますので、リフトアップ効果を高めるためにも表情筋を積極的に使うようなエクササイズが効果的です。

色々なエクササイズで、顔のリフトアップを実現することができます。

年齢や性別を問わないエクササイズが多いので、試しにやってみるの面白いでしょう。

リフトアップ効果をすぐにでも得たいという人は、エステのマッサージを利用してみるといいでしょう。

プチ整形で、リフトアップを行うというやり方もあるようです。

表情筋を意識して動かす習慣をつけることで、顔の筋肉を鍛え、たるみを解消してリフトアップを目指すことが効果があるといいます。

自宅でできる顔のリフトアップ

顔のリフトアップに関心があるという人は大勢いるようです。

人によっては、エステや美容整形で行われているようなリフトアップまでは気が進まない方もいます。

自分の家で、顔のリフトアップケアを施すことはできるでしょうか。

リフトアップを家で行いたいという人は、引き締め効果があるマッサージをしましょう。

リンパマッサージや筋肉マッサージで代謝を活発にし、新陳代謝を改善することは、美肌効果があり顔リフトアップにもよいとされています。

目もとの筋肉が弱くなると、目もとがたるみやすくなるようです。

筋肉を刺激し、柔らかくほぐすことによって目もとの代謝もよくなり、たるみや小じわも軽減します。

重くむくんで見えたまぶたも、マッサージで血の流れを良くすることで、すっきりとするでしょう。

エステや美容外科ではまぶたをマッサージすることはほとんどないため、自宅でまぶたのマッサージをしてまぶたのむくみを取ることは大きな意味があります。

顔のむくみやしわが、頭皮と関係していることがあります。

特に前頭骨にずれや歪みがある場合、額のしわが現れることがあり、マッサージが有効です。

額のリフトアップをすることで、むくみによって顔全体を下方向に抑えていた額がスッキリし、結果的に目じりのたるみもなくなることもあります。

日々しっかりとリフトアップのマッサージをすることが、顔のたるみ解消につながります。

ページの先頭へ