しそ酢を利用したダイエットとは

発酵黒にんにく酢卵黄

ダイエットをしそ酢を使ってダイエットをする方があるのをご存じでしょうか。

一般的に知られているのは、黒酢などのお酢にしそを漬け込みし、その成分をしみ出させて作るしそ酢ですが、作り方はいくつかあるといわれています。

どんな理由でダイエットにしそ酢が有効なのでしょう。

しその葉にたくさん内在している成分として、ロズマリン酸というポリフェノールがあげられます。青じそからもロズマリン酸はかなり摂ることができるようですが、赤じそにもたくさん含まれています。

脂肪や糖の消化吸収を抑える効果がこのロズマリン酸にはあるといいます。

糖質は一旦体内に摂取されると、ブドウ糖へと変化し、体内に中性脂肪の状態で蓄積されるといいます。

マルターゼという糖質をブドウ糖に分解する酵素の働きをロズマリン酸で効果的に抑えることができます。

糖質がブドウ糖に分解されなかった場合、対外に排出されやすくなるのでダイエットが可能になります。

きちんとしそ酢の摂取を持続することによって、血糖値を脂肪の吸収をコントロールすることで上昇しすぎるのを制御する効果があります。

効果的に脂肪を燃焼できることやクエン酸回路による新陳代謝をアップするの有効なのがお酢の特徴で、お酢の健康効果やダイエット効果は一般的に良く言われることです。

体に負荷をかけずに続けて効果的なダイエットが、お酢としそを一緒に摂取することで可能になるといわれているのです。

三黒の美酢

しそ酢ダイエットのポイントについて

濃縮 元氣もろみ酢

1日30~40mlぐらいが、しそ酢ダイエットで飲むしそ酢の量の目安です。

好みによって希釈の倍率を変えても良いのですが、胃に作用することが濃すぎた場合にはあるでしょう。

7~10倍くらいに水で希釈しても、ダイエットには効果が十分あるでしょう。

粘膜が傷つきやすいことがあるので、胃腸のあまり丈夫でない人は食事をした後に飲むと良いでしょう。

胃腸に負荷がかかって下痢になってしまうことが、空腹のときに濃縮されたしそ酢を飲んだ場合にはあるといいます。

すぐにしそ酢を摂取したからといってダイエットができるわけではないといえます。

あくまでしそ酢はダイエットを助けるためのものだといえるでしょう。

効果的にダイエットをするためには、適度な運動を一緒にしなければなりません。

どんな人でも気軽にできるウォーキングやストレッチ、ヨガなどの運動でも効果的に脂肪をも燃やすことができます。

ダイエットをより効果的にすすめるためには、しそ酢の摂取を続けながらどんどん運動を取り入れるようにすることが大切です。

体にとっていきなり激しい運動をするのは負担になり良くないので、はじめは乗り物などに乗らずにいつもより多く歩いたり、ちょっとした有酸素運動を行うのがおすすめです。

日々の食事内容を変えていくことも大切です。運動や食生活の改善なども同時に行いながら、しそ酢で脂肪の燃焼を促すようなダイエットをするようにしましょう。

三黒の美酢

ダイエットに利用できるしそ酢の作り方

いづや すっぽん酵素

いろいろな種類があるのが、ダイエットに利用するしそ酢です。

売られているしそ酢をダイエットに利用しても良いのですが、家で作ることもできます。

材料に使うしそは青じそでも赤じそでもどちらでも構いません。

使用する材料は黒酢500ml、しその葉約100枚だそうです。

乾燥させてから使いたいのでしその葉を洗ってから水をしっかり取り除きましょう。

心配なのが残った農薬なので面倒ですがきちんとこの作業を行いましょう。

葉を乾燥させるのは、時間をかけて洗った後です。

すり鉢などを使ってしその葉の準備ができたらすり潰す作業をしていきましょう。

すり鉢ですり潰してのばしたら、しその絞り汁を作るためにしそをガーゼや布巾などでこします。

ダイエット用のしそ酢が、しその絞り汁に黒酢をプラスすることで完成します。

ふたのついた容器でしそ酢を保存するようにしましょう。

少し香りが作ったばかりの場合には強いようですが、時が経てばちょうどよくなってきます。

飲みやすくなるので、水で7~10倍くらいに薄めて飲むと良いでしょう。

サラダのドレッシングに使ったり、はちみつをプラスして飲んだりするのも良いのではないでしょうか。

飲みやすいように甘味が加えれている商品も多いようですが、販売されているしそ酢もダイエットには利用できます。

しそが入っている量が少なめの商品も中にはあるようです。

大事なのはしそ酢を買う前に成分表示をきちんと見て、たくさんダイエットに効果的な成分が入っているかどうかを調べておくことです。

発酵黒にんにく酢卵黄

ページの先頭へ