プロ野球ドラフト 高校生に逸材 注目すべき選手を紹介

プロ野球ドラフトが本日始まります。

今回は高校生に逸材が多くいます。

高校生で最も注目が集まるのは、大阪桐蔭の根尾昂選手ですね。

俊足強打の左打者として、今夏の甲子園では3本塁打をマークしました。

又、投手としても最速150キを記録して、2度の選抜優勝

そして全国制覇の原動力となったことは記憶に新しいことです。

身長177センチ体重78キロと決して大柄とは言えませんが

身体能力は抜群に高く、遊撃、外野、投手をこなしていますので

大谷選手も二刀流でしたが根尾昂選手も二刀流でいくかもしれません。

地元の岐阜が本拠と近い中日などが1位指名を堂々と宣言していますし

数球団での競合になると予想されますので今回のドラフトでは

注目度ナンバーワンの選手になります。

大阪桐蔭の藤原恭大と報徳学園(兵庫)の小園海斗も

能力の高さなら負けていませんよ・・・

大阪桐蔭の藤原恭大と報徳学園(兵庫)の小園海斗も複数の

球団が指名確実です・・・・

さて投手として大注目なのは

今年の甲子園を沸かした金足農(秋田)の右腕吉田輝星選手です。

どの球団が指名するのか大阪桐蔭の根尾昂選手と同じくらいの

大注目選手になります・・・・

投手として完成度が高く空振りを奪える最速152キロの直球だけでなく

フィールディングやクイックの技術も輝くいている投手です。

どの球団がた金足農(秋田)の右腕吉田輝星選手を指名するのでしょうか。

どの球団が指名するのかワクワクしちゃいます。

浦和学院(埼玉)の右腕渡辺勇太朗選手・・明徳義塾(高知)の市川悠太選手も

プロの世界で充分にやっていける選手ですので将来が楽しみですね。

ここまでは高校生の選手なんですが大学・社会人にはどのような選手が

いるんでしょうか・・・・

大学・社会人選手では東洋大の先発の上茶谷大河選手

梅津晃大と抑えの甲斐野央の3右腕が注目されております。

即戦力が求められる社会人の指名は、投手が多くなりそうですね。

最速155キロの球が魅力なのは日本通運の生田目(なばため)翼選手

ホンダの斎藤友貴哉選手・・・潜在能力の高さでは三菱重工広島の杉山一樹選手

今回は高校生の逸材がそろっていますので、社会人・大学生は注目されておりませんが

とてもいい選手がそろっておりますので、今年のドラフトは

とても盛り上がることでしょう


金足農の快進撃 大阪桐蔭と決勝戦

 




金足農の快進撃が止まりませんね・・・

そして金足農と大阪桐蔭との間で決勝戦です・・・

金足農はすべて秋田県出身の選手で固めていて

どちらかと言えば甲子園の野球スポーツの原点ですね・・

そして逆に大阪桐蔭は全国から有望選手を集め甲子園に

出場しています・・・

日本人の習性としてどちらを応援するかは一目瞭然ですね・・・

そう金足農に勝ってもらいたいと思います。

だって面白くないじゃァないですか・・・

勝のが当たり前の選手を全国から集めて戦っていたら

やはり面白くありませんね・・・

野球エリート軍団対雑草軍団の戦いは本当に興味があります。

今回の甲子園は

第100回全国高校野球選手権の記念大会の高校は野球エリートより

雑草みたいなたくましい高校に優勝してもらいたいですね・・・

今年はアマチュアスポーツ界は激震の年でした。

レスリング協会のパワハラ・・日大の悪質タックル

日本ボクシング連盟の反社会的な行為・・そして

最後かどうかわかりませんがアジア大会に出場している

男子バスケット選手のインドネシアでの買春・・・

といろいろと不祥事が続いています・・・




その中の金足農の快進撃のニュース

金足農は秋田県の農業高校すから秋田勢の優勝で東北に

優勝旗がくるのは初めてだそうです・・・勝てばですけど・・・

そういえば何年か前にPLと決勝で戦っているんですね・・・

ちょうどその時のPLの選手には桑田・清原がいたんです。

負けてはしまいましたけど秋田県の金足農はとても強いチームだったそうです。

今や秋田県は大変になっているようです・・・

今日21日2時から決勝戦が始まりますのでだ興奮だそうです・・

金足農と大阪桐蔭の決勝戦の見どころはどのようなものなのでしょう・・・

やはり大阪桐蔭の強力な打線と金足農のエース右腕・吉田との戦いでしょうね。

金足農のエース右腕・吉田の投球は見ていても手元で伸びているから

そうはなかなか打てませんね・・・

大阪桐蔭の投手もすごいのが温存されていますから金足農とて

そう簡単には点が取れそうもありません・・・

そうしますときわどい勝負になるかあるいは一方的になるか

予想はとても難しいのですか金足農の吉田の回復次第かもしれません・・・

なぜなら秋田県大会から甲子園の準決勝まで一人で投げていますので

どれだけ疲労がたまっているのかわかりませんので・・・

◇崩すのは容易ではない
大阪桐蔭・西谷浩一監督 吉田君は体力、ハートの強さ、クレバーさを兼ね備えている。崩すのは容易ではないが、乗り越えないといけない。

◇全員でしっかり守る
金足農・中泉一豊監督 吉田の調子がいいことを願っている。全員でしっかりと守りたい。打線はつないでいかないと、得点には結びつかない。

と両監督も言っているように面白い戦いになりそうです・・・

さぁ本日2時に大阪桐蔭対金足農の決勝戦です・・・・





ページの先頭へ