(W杯)ロシア大会 フランスがベルギーを1対0で破り3大会ぶり決勝へ進出


サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会は

10日(日本時間11日)から準決勝が行われました。

まずフランスとベルギーがサンクトペテルブルクで対戦し

フランスが1:0でベルギーを破りました。

順当な勝ち上がりですね。

次の準決勝はクロアチア対イングランドになります。

W杯にジンクスがあるのはご存知ですか?

過去20大会の優勝チームを巡ってはさまざまなジンクスや

「法則」が生まれているようです。

そのジンクスが今回も生きていればどこが優勝すると

思いますか。

クロアチアが優勝するのではないかと憶測されております。

先日のブログでもクロアチアがもしかしたら優勝するのでは

ないかと書きましたが、これは日曜日の6チャンネルの

テレビ番組を見ていましたら、スポーツのコーナーで

何とかと言うスポーツキャスターがジンクスによれば

クロアチアかも・・と言っていたことを思い出して

あてずっぽうで書きましたがどうやらジンクスが

生きているような感じがしています。

11日(同12日)にはモスクワ・ルジニキ競技場で

クロアチア対イングランド戦の結果待ちですが

クロアチアがもし勝つとすれば

さぁ大変・・・・

過去20大会の優勝チームを巡ってどのようなジンクスが

あるんでしょうか。

調べてみますと結構あるんですね。

一つ一つ説明すると非常に長くなってしましますので

見出しだけで許してくださいね・・・・・・

●外国籍の監督が率いるチームは優勝できない

●5大会ごとに初優勝チームが誕生、今年もその周期だが…

●前年のコンフェデ杯覇者は優勝できない

●前年にバロンドールを受賞した選手はW杯で優勝できない

これらを照らし合わせますと

クロアチアの優勝が濃厚になります。

さぁどうなりますか?

クロアチア対イングランド戦の結果が楽しみです・・!

追伸

タイの洞窟に閉じ込められた少年ら13人全員が救出されましたが

FIFAが決勝戦にご招待と言っておりましたが

健康上の理由で今回は無理との判断をしたようです。

新たに別な機会を検討することになったそうです。


comment closed

ページの先頭へ