スポンサーリンク



40代非正規シングル女性、「充実」と「取り残され感」

目安時間:約 4分

スポンサーリンク


40代非正規シングル女性、「充実」と「取り残され感」

WS000085

1:名無しさん@涙目です。:NG NG
非正規雇用で未婚、親と同居。収入は少ないけれど、友人はいて「生活は充実している」。
平成に入り「男性稼ぎ主モデル」から「女性活躍」への変化の波があります。取り残されていると感じる非正規シングル女性の内なる声に耳を傾けました。(朝日新聞記者・山内深紗子)

弁当作ってもらうのも負い目

関西地方の一軒家。契約社員の女性(45)は、年金暮らしの両親と同居している。
昨年12月上旬の夕食後、食卓で母(78)が父(78)に漏らしたこんな言葉が偶然、耳に入ってきた。
「あの子、弁当袋を新しく縫ったんよ。まだ私に作らせる気やわ……」
女性は大手菓子店で働いている。短大卒業後に就職した会社は、女性の総合職がなかった。正社員だったが、2
9歳で退職した。その後、正社員としての再就職先を探し続けているが、年齢や経験不足が壁になり、ずっと非正規職を転々としている。いまの給与は、手取りで月12万円ほどだ。

非正規になってから、母は「私が弁当を作るから、貯金にまわしなさい」と言って、弁当を作り続けてくれる。定番は、好物の卵焼きと俵型のおにぎり。それに、前の晩のおかずが入る。「500円弁当を買うから」と伝えても、母は用意してくれていた。

母が漏らした言葉を耳にした日の夜、両親が眠っているのを確認して、食卓に置き手紙をした。
「ダイエットにつき、もう弁当は必要ないです」
それでも翌朝、食卓に少し小さな弁当箱が置かれていた。その日は無言で朝食を囲み、出勤した。
「口実だったのに、心がズシンと重くなった」

孤独ではないが、焦りも

40歳を過ぎて、両親とけんかすることが多くなった。入浴する時間や掃除のタイミング……。
本当は同居をやめて、自立したい。でも、この給料では家賃を払えない。自分が「半人前」のように感じ、現実逃避から休日は眠って過ごす日が少し増えている。

半人前なのは、パートナーがいないからなの? 女性は35歳を迎えてから、こんな思いにとらわれるようになった。結婚願望は薄かったはずなのに。
女性の生涯未婚率は上昇し続け、15年には14.06%になった。結婚することは、当たり前の時代ではなくなっている。
女性は非正規で働くようになって給料は減ったが、時々行く一人飲みで20代から60代まで幅広い年齢層の友人ができた。
決して孤独は感じない。美術を学んでいたので、仕事の傍ら版画や水彩画の制作も続け、充実していると思っていた。だが正社員の仕事につけない年月が長くなると、焦りもでてきた。

恋愛は苦手で、男性とお付き合いをした経験は少ない。10年前から、インターネットの結婚相談サイトや婚活イベントで出会いの機会を増やす努力をしているが、成果はない。

「婚活は、好きになれる気持ちがあるのかどうかのイメトレ」と言う。最近は婚活を「もはや実験」と考えるようになり、人を好きになるという意味が分からなくなってきた。

https://news.yahoo.co.jp/story/858

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515206128/

続きを読む

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 

スポンサーリンク



 

ページの先頭へ