夫婦の愛情、急速に冷えた 「産後クライシス」女性の半数経験 岡山大学調査

目安時間:約 3分

夫婦の愛情、急速に冷えた 「産後クライシス」女性の半数経験 岡山大学調査

WS000022

1:紅あずま ★ :2017/12/27(水) 19:44:07.63 ID:CAP_USER9.net
調査に回答した母親の約半数が「産後クライシス」を実感

 出産を経験した女性の約半数が、夫婦の愛情が急速に冷え込む「産後クライシス」に陥ったとの調査結果を岡山大のグループがまとめた。始まった時期は出産後3カ月以内が8割近くを占めた。

 出産をきっかけに夫婦が不仲になることがあり、NHKの情報番組が2012年に「産後クライシス」と名付けて注目された。ただ学術的な調査はほとんどなかった。

 岡山大大学院保健学研究科の中塚幹也教授らは、15年に岡山県内の保育園や子育て支援拠点の計11施設を利用する母親684人に質問用紙を配布。回答があった353人を分析した。

 回答者は平均33・7歳、結婚した年齢は平均28・2歳。
産後クライシス(出産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込む状況)について「かなり当てはまる」は10・3%、「どちらかといえば当てはまる」は39・6%で計49・9%。

このどちらかに当てはまる女性の約6割は回答時点でも続いていると答えた。

 産後クライシスの要因を、夫との関係性に関する項目(夫への嫌悪感▽レスになった▽夫に父親の自覚がないと思うなど)と、
症状に関する項目(疲れやすい▽イライラする▽寝不足▽性欲がなくなったなど)に区別。
それぞれ0~3点で自己評価してもらい、夫の育児や家事の行動に対する評価と比べた結果、夫との関係性の評価が悪い人は夫の行動に対する評価も低かった。

一方、症状に関する項目の評価は、夫の行動の評価と関係がみられなかった。

 産後クライシスになった場合、…

残り:331文字/全文:939文字
※公開部分はここまで
※有料会員になると続きをお読みいただけます。

朝日新聞:2017年12月27日18時40分
http://www.asahi.com/articles/ASKDW4SFKKDWPLBJ001.html

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171227004054_comm.jpg

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514371447/

続きを読む

comment closed

トラックバックURL: 
ブログランキング
WEBぺージを驚くほど簡単に作れる便利ツール

初心者向けシンプル設計

新しいシステムが誕生・・・

カテゴリー

ページの先頭へ