老後の時間もお金も奪われる? 祖父母を悩ませる「孫疲れ」

目安時間:約 3分

スポンサーリンク


老後の時間もお金も奪われる? 祖父母を悩ませる「孫疲れ」

WS000038

1:記憶たどり。 ★:2017/09/09(土) 13:55:37.17 ID:CAP_USER9.net
国や自治体が子育てに「祖父母」を活用する取り組みを広げようとしている。
しかし、高齢者にとって孫の育児は体力的にきつく、出費も増えるほか、
自由な時間を奪われるなどの負担もあり、最近では、「孫疲れ」という言葉も
生まれている。孫の育児経験もある、家族問題評論家の宮本まき子さんは、
当事者間のルール作りなど、祖父母の負担を減らす方法を提案する。

「孫育」に疲れる高齢者

第一生命経済研究所が孫のいる55~74歳の男女1000人を対象に行った調査
(2015年7月公表)によると、子どもやその夫・妻に頼まれて孫の面倒をみた
経験のある人は66.4%で、同居や30分以内の距離に住むケースに限れば
80%を超えた。しかし、元気に駆けずり回る孫と付き合うのは大変だ。

最近の高齢者は見た目が若く、活動的な人が多いため、子どもたちに体力や
気力が有り余っていると勘違いされやすい。あてにされて「フルタイム」で孫の
世話をすることになる祖父母たちは、実は子どもたちの晩婚・晩産化のせいで
前の世代より10年以上遅く孫の育児を始めることになる。体力・気力は簡単には
続かない。「健康寿命が残り少ないのに行動を制限される」といった欲求不満から、
心がうつうつとネガティブになる人もいる。「孫疲れ」などという言葉も生まれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00010000-yomonline-life&p=1

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504932937/

続きを読む

スポンサーリンク


comment closed

トラックバックURL: 

ページの先頭へ