離婚に伴う養育費不払いは国が立て替えへ 離婚相手の財産差し押さえも 法改正検討

目安時間:約 3分

離婚に伴う養育費不払いは国が立て替えへ 離婚相手の財産差し押さえも 法改正検討

WS000003

1:妖怪障子破り ★:2020/01/24(金) 20:25:22.73 ID:wej5u5nY9.net
離婚に伴う養育費不払い問題が大きく前進することになります。詳細は以下から。
離婚したのに子供の養育費を受け取れず、困窮するひとり親家庭の問題は以前からずっと指摘されてきました。育児が大きな社会問題となる中、国が養育費を立て替える方針が固まり、法改正や法整備の検討に入りました。

1月23日、森法相は養育費不払い問題に関し、国が立て替える制度を創設するため、有識者による勉強会を27日に設置する方針を固めました。
不払い養育費の請求には離婚相手の対象財産を特定する必要があるものの、費用や時間などがひとり親家庭の大きな負担となります。またそうした知識や制度へのアクセスが難しいケースもあり、実際に養育費を受け取れているのは母子家庭全体の24%にとどまっていました。

今回の方針は2020年4月に施行される改正民事執行の養育費不払い問題に大きく関係したもの。
改正により、裁判所が自治体や金融機関に養育費を支払わない離婚相手の勤務先や預金口座の情報提供を命じられるようになるため、財産を差し押さえやすくなります。

このための費用は1件2000円ですが、強制執行までに一定の時間を要することなどから、今回の国が養育費を立て替える制度の創設という方向性になりました。

これまでは「逃げ得」状態だった養育費不払い問題ですが、バックレた離婚相手は今後四方からも自治体からもしっかり追い込みをかけられることになります。

https://buzzap.jp/news/20200124-expense-of-bringing-up-children/

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579865122

続きを読む

この記事に関連する記事一覧

comment closed

ステップメールの教科書

外注化で完全放置!

gaityu336.png

カテゴリー
アクセス解析研究所

メルマガ登録

メルマガ登録で高機能アクセス誘導ツールプレゼント

 世の中は運がいい人と運が悪い人がいると感じるあなたへ 1日1時間を6ヶ月間がんばって毎月3万円の安定的な収入を手堅く稼ぎませんか
 回りくどいやり方は嫌いなあなたへ 3ヶ月以内に売上アップするメソッドを知りたくありませんか
 一人でアフィリエイトを実践している孤独なあなたへ いつまでも遅咲きではなくそろそろ稼ぐことに集中したくありませんか

 

アクセスアップの方法 読者登録フォーム






ページの先頭へ