親の介護や家業引き継ぎなどニートやひきこもりとは一線を画す「子ども部屋おじさん」が女性から嫌われるワケ

目安時間:約 4分

親の介護や家業引き継ぎなどニートやひきこもりとは一線を画す「子ども部屋おじさん」が女性から嫌われるワケ

WS000059

1:ニライカナイφ ★:2019/10/08(火) 20:50:22.82 ID:l2HdMfxq9.net
いつ貼ったかもわからないようなシールが飾られた学習デスク。
大人の体格にはそぐわない、寝返りを打つたびに軋むシングルベッド。
学生時代から愛用している家具やおもちゃ、書籍類。
そうした“子どもの持ち物”に囲まれ、実家の”子ども部屋”に住み続けている中年独身男性を「こどおじ(子ども部屋おじさん)」と呼ぶようになって久しい。

■「こどおじ」は女性にモテない。その理由とは?

「こどおじ」という言葉が生まれたのは、2014年のこと。
当時、格闘ゲーム界で「神」と讃えられていた、梅原大吾というプロゲーマーの自室がテレビ番組にて放送されが、【2ちゃんねる】の中で「まるで子ども部屋だ」と梅原をバカにした“ねらー”に対し、「実家暮らし子供部屋おじさんがプロゲーマーのライフスタイルに説教垂れるって歪んでない?w」と別の“ねらー”が発言したことから発生したとされている。

かれこれ5年も前のネットワードだが、なぜか人気(!?)が再燃。
ようはただの「パラサイト・シングル」なわけだが、”ねらー”たちが自身を「こどおじ」であるとカミングアウトする例が増え、SNSなどで広まり、2019年の春頃から認知度が高まっている。

さてこの「こどおじ」。
ニートと違い経済的な活動を行っている場合が多く、また、両親の介護や、自営業を継いでいるなど、事情は様々にあり、ニートやひきこもりとは一線を画している。

単純に、ひとり暮らしにかかる経費を「ムダ」と考え、自身の趣味にお金を使うために「こどおじ」化している人もいることだろう。

しかし、残念ながら「こどおじ」は、女性にはモテない。
介護をしている場合は別だが、単純に目先のお金を追求して「こどおじ」に甘んじていると、「子ども部屋おじさん」から「孤独なおじいさん」に進化し、パソコンだけが心の友の「孤独な人生」を送るハメになりかねないのである。

都内の結婚相談所で働くスタッフによると「実家暮らしの男性を嫌がる女性は、100%と言ってもいいほど多い」とのこと。
筆者の周囲で独身を貫いている男性も、その多くは実家住まいである。

そこで「こどおじ」を自称するパラサイト・シングルたちがなぜモテないのか。
その理由を女性たちから聴取してみた。

https://news.livedoor.com/article/detail/17199782/

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/8/182aa_1578_e0c3233bad5248f0f0ffaa09c4aaca3f.jpg

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1570535422

続きを読む

comment closed

ページの先頭へ