Xiaomi、ディスプレイ下にインカメラを埋め込む次世代技術を紹介

目安時間:約 2分

Xiaomi、ディスプレイ下にインカメラを埋め込む次世代技術を紹介

1:風吹けば名無し:2019/06/07(金) 08:26:29.46 ID:UW/tTmEt0.net


スマートフォンのディスプレイ領域を最大化するうえで、最後の牙城とも言えるのがノッチ部分です。
iPhoneを始めとしたスマートフォンの画面上部を占めるこの非アクティブ領域には、インカメラ(フロントカメラ)が搭載されています。しかし、もしカメラをディスプレイの下に埋め込むができるとしたらどうでしょう。

指紋認証センサーならともかく、カメラをディスプレイの下に埋め込んで、一体どうやって撮影するというのか――。そんな疑問を覚えるのも無理はありません。

しかし、Xiaomiの副社長であるワン・シャン(王翔)氏が今回、Twitter上でそのメカニズムを事細かに説明しています。

この仕組みは簡単に言ってしまえば、光を通す特殊な透過ディスプレイがカメラレンズの役割も担うというものです。
インカメラを埋め込んだことでディスプレイ領域を最大限確保できるだけでなく、ディスプレイ下ならスペースを気にする必要がないので、部品の大きな高性能カメラやセンサーを気兼ねなく搭載できるのが強みです

https://iphone-mania.jp/news-249770/

続きを読む

comment closed

ページの先頭へ