【画像】有明海でエイリアンの捕獲に成功wwwwwww

目安時間:約 3分

スポンサーリンク


【画像】有明海でエイリアンの捕獲に成功wwwwwww

1: 名無しのスコールさん 2019/05/14(火) 16:14:05.64 ID:ID:xAsJxF3F0.net
「有明海にはエイリアンが住んでいる」。
そんなうわさを聞いたが、有明海の干潟をはい回るムツゴロウは愛らしく、映画に出てくるグロテスクなエイリアンとは程遠い。
どんな「未知なる生物」が生息しているのか。その漁を体験できると聞き、佐賀県鹿島市の干潟に向かった。

佐賀県武雄市の長崎自動車道武雄北方インターチェンジ(IC)から車で約40分、鹿島市干潟交流館にたどり着く。その裏には、干満差が最大6メートルある有明海が広がる。

「エイリアン」と遭遇できるのは干潮時。足袋とゴム手袋を借りて干潟へ向かうと、干潟での漁業歴約50年の岡本忠好さん(70)が迎えてくれた。

長さ3メートルほどの板「潟スキー」に乗って干潟を移動しながら、先端に鉄製のフックがついた1メートルほどの弓なりの棒「すぼかき」で捕まえるという。

四つんばいのような形で潟スキーに乗る。左足の膝をスキー上に置き、右足は泥の中に入れてかく。

ズブ、ズブ、ズブ…。たちまち右足が沈んで動けなくなる。
慌てて右足を引っこ抜いたが、その弾みでスキーが傾いて、まっすぐ進まない。干潟を滑るように進む岡本さんの背中を必死に追った。

無数の穴がボツボツと干潟に見えた。これが「エイリアン」のすみか。二つの穴が泥の中でつながり、U字形になっているという。

「穴さえ見つけたら誰でも捕れますよ」と岡本さん。教えてもらった通り、空気がポコポコ出ている穴を狙って、すぼかきを差し込む。
思うように深く入っていかない。力を入れすぎると、スキー上でバランスを崩してしまう。

開始から1時間が過ぎても、かごの中は空っぽ。「もっとがむしゃらに、何度もすぼかきを泥に突っ込んで」。岡本さんの檄(げき)が飛ぶ。
その時だ。泥の中でフックに掛かる手応えがあった。一気に引き上げる。
「捕ったぞー!」。思わず叫んだ。

長さ約40センチの体がうねる。青紫色に光り、キュッキュッと鳴く。頭付近に指が触れた瞬間、鋭い歯でかみついてきた。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/509883/

続きます

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1557818045/

続きを読む

スポンサーリンク


comment closed

ページの先頭へ