元脚本家「ラノベ主人公の見た目で怖がられている設定は、読者が抱えるコンプレックスの自己正当化」

目安時間:約 2分

元脚本家「ラノベ主人公の見た目で怖がられている設定は、読者が抱えるコンプレックスの自己正当化」

1: 名無しのスコールさん 2019/01/12(土) 07:23:30.44 ID:ID:8szfyhwM0.net
>1.「クラスで敬遠」は、自分が周囲となじめない理由を正当化しています。

>「俺がクラスとなじめないのは、(主人公と同じく)自分を表に出すのが下手で周りに誤解されてるから」という言い訳が成り立ちます。

>「俺はそのままでいい。理解してくれない周囲が悪い」という自己肯定につながり、心の負担を軽減してくれるわけです

こういう主人公すきやのに馬鹿にされてて悲しい😵

http://d.hatena.ne.jp/shields-pikes/touch/20081116/p1

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1547245410/

続きを読む

この記事に関連する記事一覧

comment closed

ブログランキング
無料登録 メルマガアフィリエイトの最強な教科書 メルザップ

メルぞうプラチナ会員

アフィリエイト用無料素材集

カテゴリー

ページの先頭へ