スポンサーリンク



Google、研修生の入力ミスで11億円を失う その間たった45分

目安時間:約 3分

スポンサーリンク




スポンサーリンク


Google、研修生の入力ミスで11億円を失う その間たった45分

150914mediagene_gizmodo-w960
1風吹けば名無し :2018/12/08(土) 11:46:00.06 ID:R16e2dLO0.net


Googleほどの規模になると、ちょっとしたミスでも莫大な損害を計上してしまうようです。

同社で研修に携わるインターン生のミスによって、本来は公開されないダミー広告が表示されてしまい、1,000万ドル(約11億円)の損失が発生したことが分かりました。

12月3日の夜、ニュースサイトを運営するリシ・ジェティさんは目を疑いました。サイトの広告枠がただの黄色い画像で埋め尽くされていたのです。
慌ててデータを確認すると、270ドルCPMという見たこともないような数値が表示されていました。CPMとは1,000回あたりの広告コストのことを意味します。
つまりジェティさんのサイトは広告が1,000回表示されるごとに270ドル(約30,500円)を稼ぎ出した計算になります。

一体何が起きたのか――犯人はGoogleでした。

Financial Timesに関係者が語ったところによると、Googleで電子システムの使い方を研修している際、
インターン生の1人が誤って相場の10倍以上の価格で、実際の広告枠に“買い”を入れてしまったのだそうです。
一般的にパブリッシャーの広告枠は、さながら証券取引所のようにリアルタイムで入札や交換が行われる仕組みが採用されています。
もちろん、手動でオーダーを捌き切ることはできないため、入札や交換を請け負う企業は処理を自動化しています。

全文は以下
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15708064/

3風吹けば名無し :2018/12/08(土) 11:47:03.93 ID:TydiItaDa.net

便器舐め不可避

4風吹けば名無し :2018/12/08(土) 11:47:35.02 ID:zYTDB9KJa.net

雑巾食べてそう

続きを読む

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

comment closed

スポンサーリンク



 

ページの先頭へ