「○○は、私のピンチに必ず現れて救ってくれるんだよ」「ヒーローは普段はダメだから支えてあげなきゃね」と嫁の俺への評価がおかしい

目安時間:約 3分

「○○は、私のピンチに必ず現れて救ってくれるんだよ」「ヒーローは普段はダメだから支えてあげなきゃね」と嫁の俺への評価がおかしい

WS000030

693:名無しさん+:2018/12/05(水) 23:23:34.98 ID:Tlougf5V.net
俺の嫁は小学校の時のクラスメート。
生まれた時からすぐ近くに住んでたんだけど、別に友達じゃなかった。
ただ母親同士の仲が良くて、これは本当に今でも申し訳ないと思うんだけど、
所謂放置子とそのターゲットみたいな関係になってて、放課後はよく嫁実家に上がり込んでた。
3年に上がる時にクラス替えがあって、そこで嫁と同じクラスになった。
俺は空気も致命的に読めない奴で、嫁の抱える問題にも気づけなくて、
それを知ったのは4年になってからだな。嫁は3年の頃からいじめられてたんだ。
当時の嫁は巨漢ってほどじゃないがそんな体型で、しかも老けててオバさん呼ばわりされててさ。
あれは昼休みだったかな。俺がクラスに戻ると、嫁が男二人と女一人に囲まれて泣いてるんだ。
放置子、空気読めないってくれば、当時の俺が問題児だったのは分かると思う。
だから今考えてもありえないんだが、俺はいきなり三人に椅子で殴りかかったんだ。
それも身体を狙うとかそんな発想もないので、女含めて後頭部や顔面をやっちまった。
気が付いたら担任に取り押さえられてたよ。
それまでもガラス割ったりしてたんだけど、これで一気に保護者に敵視されるようになってしまった。
親にもすごく怒られたよ。女の顔を傷つけるやつは許さねえ!って。
まぁその三人は嫁をいじめてた主犯格で、「俺は嫁が好きで手を出すと殺される」
ってことになぜかなってて、嫁のいじめはなくなった。
あと「俺にちょっかい出すと殺される」って腫れ物扱いされて距離を取られるようになってた。
この頃の俺は単なるイキったキレやすいクソガキで、嫁が好きとかじゃなくていじめられてるが誰でも暴力を振るったはずなのは間違いない。
で、そんな俺に嫁がよく話しかけてくるようになったんだけど、嫁は見た目だけじゃなくて話の内容までオバさんっぽくてさ。
しかも俺クソガキでしょ?「付いてくんじゃねーよババア!」みたいな感じ。
これが小学校時代。

今までにあった修羅場を語れ 40話目
元記事:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1539309349

続きを読む

この記事に関連する記事一覧

comment closed

ステップメールの教科書

ブログランキング
カテゴリー

楽天トラベル 沖縄

楽天トラベル 東京

ページの先頭へ