盲目美少女「大好きだよブサイクくん…」ブサイク「照れるぜ」

目安時間:約 3分

盲目美少女「大好きだよブサイクくん…」ブサイク「照れるぜ」


1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/09/30(日) 01:19:37.468ID:kXfRGxTJ0.net

~放課後~

盲目美少女「今日も手を繋いで帰ってくれてありがとね!お陰で杖に頼らなくていいから楽ちん楽ちん♪」

ブサイク「ま、俺がお前にしてあげれんのはこれくらいだしな」

盲目美少女「へへっ十分嬉しいよ♪」

ブサイク「そうかい?しっかし急に外も冷え込んで来たなあYシャツじゃ寒いし」

盲目美少女「私はすぐ側に人がいてくれるから…あったかいよ///」

ブサイク「…ったく、人を困らせることを言いやがるぜ」

盲目美少女「えへへー」

ヒソヒソ ヒソヒソ

盲目美少女「…」

ブサイク「どうした?」

盲目美少女「う、ううん!何でもないよ!」


4:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/09/30(日) 01:24:14.746ID:kXfRGxTJ0.net

盲目美少女「ねぇ、ブサイクくんは私のこと好き?」

ブサイク「おいおい急にどうした?」

盲目美少女「もし好きじゃなかったら毎日一緒に帰ってもらって申し訳ないなって…」

ブサイク「何だ、気にすんなよ。俺もお前と帰んの…案外楽しいからさ」

盲目美少女「///」カァッ

ブサイク「ど、どうしたんだよ…そんな顔赤くして。熱でもあんのか?」

盲目美少女「い、いや大丈夫だよ!か、顔赤くなってるんだー恥ずかしー」アセアセ

ブサイク「ふっ…」

ブサイクは盲目美少女の手を少し強く握った

盲目美少女「え?」

ブサイク「今のお前、可愛いからさ…離したくねえなって思ったんだよ」フッ

盲目美少女「か、かわい…///」

ヒソヒソw ヒソヒソw


10:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/09/30(日) 01:29:53.393ID:+D1VACIK0.net

なんかこんな感じの怪物と盲目の少女のハートフルストーリーみたいなのあるよな


8:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/09/30(日) 01:29:07.929ID:H0Y9BAVz0.net

見えるようになったら嫌われるだろうと考え居なくなる展開

続きを読む

この記事に関連する記事一覧

comment closed

ブログランキング
大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術
WEBぺージを驚くほど簡単に作れる便利ツール

初心者向けシンプル設計

新しいシステムが誕生・・・

カテゴリー

ページの先頭へ