【悲報】日ハム記者の文才、酷すぎるwwww

目安時間:約 3分

【悲報】日ハム記者の文才、酷すぎるwwww

1: 名無しのスコールさん ID:BydkSyuIa.net
近年ショートはレギュラーの固定化が多く、内野手のキャプテン的存在の選手が多く存在しています。北海道日本ハムファイターズに所属する太田賢吾もその一人です。
太田賢吾は身長も高く、左打ちの大型遊撃手として将来のチームの主軸となりえる選手として、期待がかかっています。

太田賢吾はドラフト8位と下位指名ですが、公立高校ながら、最後の夏の県大会では打率5割を超えるなど、太田賢吾の潜在能力は未知数です。
太田賢吾は埼玉県川越市出身で、1歳上の兄の影響を受けて、太田賢吾は小学校2年生から野球を始めています。
太田賢吾は川越東中学校時代、所沢中央シニアに所属しており、太田賢吾は遊撃手としてプレーしました。太田賢吾は川越工業高校へ進学します。
太田賢吾は1年生の秋には遊撃手でレギュラーを獲得しました。
太田賢吾は2年春の県大会で3番を務めており、ホームランを放つなど、太田賢吾はチームでは23年ぶりとなるベスト8進出に貢献します。
太田賢吾は夏と秋の県大会では早期敗退を喫してしまいますが、太田賢吾らチームは、3年の春の大会では2年連続となるベスト8入りを果たしました。
太田賢吾は3年生の夏の選手権大会埼玉県大会で順調に勝ち進み、太田賢吾は4回戦では5打数3安打で2長打を含3の打点の活躍を見せて、太田賢吾は17年ぶりとなる5回戦進出に貢献しました。
太田賢吾は同大会で、17打数9安打の打率.529、1本塁打、6打点をマークし、長打率は.765と、太田賢吾は県でも注目を集めるスラッガーとしてチームを引っ張りました。
太田賢吾は2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズに8位指名で入団しています。
https://bbcrix.com/articles/9949/original

引用元:

続きを読む

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 

ページの先頭へ