ワタミ「幼い頃は死にたいくらい辛かった。だから大人になって社会に復讐するって決意した」

目安時間:約 2分

ワタミ「幼い頃は死にたいくらい辛かった。だから大人になって社会に復讐するって決意した」

1: 名無しのスコールさん 2018/04/02(月) 20:01:41.90 ID:ID:ovjNAwqg0.net
渡邉 「明日、自分は死ぬ」と思ったりとか、とにかく夜眠れない。学校にも行きたくない。
今まで、すごく明るい、ガキ大将の象徴みたいだった子が、人生の全ての暗さを背負っていたと思うね、あのとき。
だから、今でもよく覚えているのは、胸が苦しくなって、いつも「死ぬ」と思っているわけ。
「僕は、もうすぐ死んじゃうんだな」って毎日のように思っていたのね。今思うと、完全な精神病なんだよね。これは分析すれば簡単に分かるんだけど。

佐々木 それは、何で治ったんですか?

渡邉 やっぱり時間だろうね。時間が癒していったよね。
小学校6年の秋だから、そこから1年ぐらい、おかしい状態が続いたんだよね。
で、1年ぐらいたって、少し心も元気になってきて、そのときに
「社長になろう。仇をとってやろう」って思って。
ただ、仇だけなんだよ、やりたい事は(笑)。人の事を貧乏にしやがって、って。

佐々木 でも、誰に? 世の中に?

渡邉 世の中に。食べるものがなくなっちゃったから。
おかずがないし、「何で、食べるものもないんだろう?」って、びっくりしたね。

佐々木 赤紙は貼られなかったものの、食事は一気に減り、電気がつかないとか?

渡邉 電気はついていたけど、着るものが一切買えなくなった。
http://www.ewoman.co.jp/winwin/112/1/4

引用元:

続きを読む

comment closed

トラックバックURL: 
ブログランキング
WEBぺージを驚くほど簡単に作れる便利ツール

初心者向けシンプル設計

新しいシステムが誕生・・・

カテゴリー

ページの先頭へ