両親に「あんたは全く、結婚どころか男っ気もなくて、孫の顔は見れんかねぇ」って言われて目が覚めた

目安時間:約 3分

両親に「あんたは全く、結婚どころか男っ気もなくて、孫の顔は見れんかねぇ」って言われて目が覚めた

WS000044

914:名無しさん@おーぷん:2018/04/04(水)17:14:10 ID:yfZ
少し前の「40代で実家住まいの寄生虫義妹」と、ある意味反対の立場にいた。
30代後半で実家住まいしてたんだけど、それは家業手伝いのため。
私が高校卒業する間近、母が体を壊して手術→普段の生活はともかく家業が難しい体になり、大学進学を諦めて私が家業手伝いを始めた。
兄は高校卒業してから同業他社で修行→独立&結婚、弟は大学進学して地元(田舎)から隣県の地方都市に就職&結婚してしまったので、働けるのが私しかいなかった。

最初は月に10万もらってたんだよね。そこから家に生活費として5万入れて、実質5万だったけど。
でも今月の売上厳しいからとか、原料高騰とか色んな理由でじわじわと減らされて、最後は2万になった。
そこから8000円定期積み立てで貯金して、服やコスメ諸々6000円の積み立て、年一回の旅費3000円積み立てして、自由に使えるのは3000円、つまり1日あたり100円、子供のお小遣いかよ。

ちなみに家業は私服だけどその服買うお金も私持ち(前述の6000円に含まれている)
でも実家住まいだから、傍目には生活に困ってないように見えたんだろうね。
実際、生きるだけなら困ってなかったし。
でも娯楽がない生活って、じわじわ精神が蝕まれていくんだよね。
どこか出掛けたくても3000円じゃ遠出するには心もとなくて、せいぜい近所の公園まで散歩するくらいしか出来なかったし。
私もエネmeで、食住に困らない生活はできてるし、年金保険料やスマホ代や各種税金は払ってもらえてるしって当たり前のことを「してもらえてるだけマシ」と思い込んでた。

そんな生活を続けて約20年、気付けば30代後半になってたある日、弟嫁(当時たしか30歳)に「お義姉さんは結婚とかしないんですか?」って聞かれたんだよね。

弟嫁はたぶん悪意とかなかったと思う。
でも、それを聞いた両親が「あんたは全く、結婚どころか男っ気もなくて、孫の顔は見れんかねぇ」って言うんだよ。

元記事:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1521475757

続きを読む

comment closed

トラックバックURL: 
ブログランキング
大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術
WEBぺージを驚くほど簡単に作れる便利ツール

初心者向けシンプル設計

新しいシステムが誕生・・・

カテゴリー

ページの先頭へ