なんJ民「角材を手に約10分間イノシシと戦ったが、全くびくともせず怖かった」

目安時間:約 2分

なんJ民「角材を手に約10分間イノシシと戦ったが、全くびくともせず怖かった」

1: 名無しのスコールさん 2018/04/01(日) 08:30:54.21 ID:0dB77RX+aUSO.net
31日午前11時25分ごろ、京都市東山区本町15の高齢者福祉施設「洛東園」付近に親子2匹のイノシシが出没し、
15〜81歳の男女5人が突進されたり、かまれたりするなど重軽傷を負った。現場は多くの観光客が集まる東福寺のそばで、
周辺は一時騒然となった。

京都府警東山署などによると、通行人から「(路上で)イノシシが女子高校生と衝突した」と110番があった。

2匹のイノシシは路上から洛東園の敷地に逃げ込み、取り押さえようとした職員2人にかみついた。その後、
再び路上に出た親のイノシシが、近所の女性(81)に突進。女性は転倒し、右手首骨折などの重傷を負った。

この女性を助けようと、近くにいた元警察官の男性(71)がイノシシの頭を抱えて取り押さえようとしたが、手足を牙で
突かれるなどして軽傷。騒ぎで駆け付けた男性ら4人も加勢したが、取り逃がしたという。

50代の大工の男性は「角材を手に約10分間イノシシと戦ったが、全くびくともせず、怖かった」と話した。
住民によると、春先は竹林のタケノコを食べるためイノシシが出没することがあるという。

https://mainichi.jp/articles/20180401/k00/00m/040/055000c

引用元:

続きを読む

comment closed

トラックバックURL: 
ブログランキング
大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術
WEBぺージを驚くほど簡単に作れる便利ツール

初心者向けシンプル設計

新しいシステムが誕生・・・

カテゴリー

ページの先頭へ